TOP > BRAND LIST > X-girl

BRAND LIST

ブランドリスト

TOP OF PAGE
X-girl
  • HOMEPAGE
  • instagram
  • LINE
BRAND CONCEPT
1994年夏、SONIC YOUTHのキム・ゴードンが、友人でもありXLARGE®のショップスタッフでもあったデイジー・ヴォン・ファースと共に立ち上げました。

1991年に立ち上がったXLARGE®に携わっていたBEASTIE BOYSのマイク・Dが、以前から交流の合ったキムに声を掛けたのがきっかけとなる。 キムとデイジーの着たい服、つまり彼女達のリアルクローズ的なアイテムをX-girlとして打ち出すと共に、グラフィックやデザインを落とし込んだアイテムを展開し、“GIRL’S MOVEMENT”の先駆者としてファッション業界だけでなく音楽やアートも巻き込んだレディースストリートブランドとして、注目を浴びました。

X-girlのロゴデザインは、映像作家・グラフィックデザイナーであるマイク・ミルズが手掛け、その後も彼はTシャツやポスターなどのデザインも担当しブランドとの関わりを深めました。 X-girlのシンボルとも言えるフェイスロゴのグラフィックもマイク・ミルズによるデザインで、彼の友人でアーティストでもあるミッシェル・ロックウッドがモデルとなっています。

同年ロサンゼルスのロス・フェリッツに第1号店がオープン。
更にニューヨークのソーホーにて、ストリートの女の子をハントしモデルとしてランウェイを歩かせ、X-girl初のゲリラストリートファッションショーも行われました。 プロデューサーにソフィア・コッポラとスパイク・ジョーンズを迎え、当時X-girlの顧客でもあったクロエ・セヴィニーやミッシェル・ロックウッドもモデルとして参加していました。

そうしてブランドをスタートさせたX-girlは現在も、音楽、カルチャー、スポーツ等のストリートシーンから様々な要素を取り込み、”REAL GIRL’S CLOTHING”をテーマに掲げ、BASICで飽きのこないアイテムを時代の変化に合わせながら“リアルな女の子のストリートスタイル”として提案し続けています。

- レディースストリートカジュアル
- ターゲット年齢 :20代~30代前半 (女性)
BRAND HISTORY
1994
  • キム・ゴードンとデイジー・ヴォン・ファースによりブランド設立。
  • ロサンゼルスのロス・フェリッツに第1号店がオープン。
  • ニューヨークのソーホーにて、ゲリラファッションショーを開催。
1995
  • 日本初のX-girl SHOP「X-girl HARAJUKU」がラフォーレ原宿にオープン。
2000
  • 「X-girl store」が原宿 キャットストリートにオープン。
2003
  • 「X-girl OSAKA」がオープン。
  • NIKEとの初のスペシャルアイテムを発売
2004
  • 10th Anniversary Partyを開催。
2006
  • 姉妹ブランド『 xg 』がスタート。
  • X-girl初のオフィシャルブランドムック本を宝島社より発売。
2008
  • Reebokとの初のスペシャルアイテムを発売。
  • NIKEとのスペシャルアイテムを発売。
2009
  • 15th Anniversary Partyを開催。
  • Disneyとの初のスペシャルアイテムを発売。
2011
  • フォトグラファーのケネス・カッペロがロサンゼルスから来日し、エキシビションを開催。
  • タレントのマリエさんを起用し、Twitter Fashion Showを2シーズン開催。
  • adidasとの初のスペシャルアイテムを発売。
2012
  • スポーツライン「X-girl Sports」がスタート
2013
  • ‘‘X-girl Sports’’が「なでしこリーグオールスター2013」のユニフォームをデザイン
2014
  • adidasサッカー日本代表レプリカユニフォームfor X-girl 発売
  • 20TH Anniversary Partyを開催。(ラフォーレミュージアム)
2015
  • ライフスタイルショップ「X-girl palette」がスタート。