class="blank"
TOP > MOVIE DISTRIBUTION > 2021 > モーターヘッド/ラウダ―・ザン・ノイズ

MOVIE DISTRIBUTION

映画宣伝・配給

TOP OF PAGE

モーターヘッド/ラウダ―・ザン・ノイズ

2021/12/24

裏街道大驀進!!人類の切り札!!

最もラウドで、最もダーティで、最強最悪の耳鳴りが襲ってくる!!

極悪暴走ロックンロールの極致≪モーターヘッド≫

2012年ベルリン、12,000人が難聴になったライヴ映像、日本初上映!!

0年間にわたり世界的な極悪大暴走を展開したイギリスのバンド、モーターヘッドのフロントマンでありVo./B.のレミー・キルミスターが2015年12月28日に伝説となってから今年で6年。

レミー他界後、毎年12月下旬にモーターヘッド関連の映画上映が恒例となってきたが、2021年もレミーの誕生日(12/24)・レミーの命日(12/28)を含む日程で上映!

2015年12月28日、核爆弾が落ちてもゴキブリとともに生き残るといわれ、2,000人もの女性と夜を共にし、1956年にはロックンロール誕生の瞬間を目撃、マルボロとジャックダニエルにまみれて血液が猛毒化、ビートルズを愛し、世界一音がデカいバンド、《モーターヘッド》を40年間続け、1945年クリスマスイブである12月24日に負け犬として生まれて以来、常に勝つために生き、不眠不休の大暴走を続けた人類最強の豪傑、ロックンロールの化身レミー・キルミスターがこの世を去ったのは2015年。70歳の誕生日を迎えてから4日後、癌を宣告されてからわずか2日後のことだった。そして翌日、メンバーからモーターヘッドの活動終了が伝えられた。1975年の結成以来、メインストリームとは真逆のロックの裏街道を驀進したモーターヘッドは、ヘヴィ・メタルとパンク/ハードコアという普段相容れない両ジャンルからも熱い支持を集め、その両者が一触即発の状態に陥った場合でもモーターヘッドの曲を流せばすべてがおさまるという、この世に類を見ない信じがたい存在感を誇ったバンドだ。レミーの死の約3年前のライヴである本作は、サクソンやエクソダス、クリーターなどのコンサート・フィルムもプロデュースしてきたHerwig Meysznerが夥しい数のカメラを使って収録。レミー・キルミスター、フィル・キャンベル、そしてミッキー・ディーが鳴らす轟音ロックンロールは数十年にわたりサウンドの境界線を破壊し続け、聴く者の耳をつんざき、そして世界中を暴走し続けた彼らがトップギアでその凄まじい存在感をドイツの大観衆に見せつけ、ステージからあふれ出るエネルギーだけではなく、観客席からの怒涛のエネルギーまでも生々しく映像に封じ込めた。モーターヘッドという人類の切り札の底力がスクリーンを通して伝わって来る恐るべき作品。鑑賞後は数日間は耳が聞こえづらくなることを覚悟しなければならない。 

2021 年作品/74 分/DCP/原題:Motörhead/Louder Than Noise… Live in Berlin

出演:レミー・キルミスター、フィル・キャンベル、ミッキー・ディー

提供:キングレコード 配給/宣伝:ビーズインターナショナル

© 2021 Silver Lining Music Ltd.

公式サイト