class="blank"
TOP > MOVIE DISTRIBUTION > 2022 > ロックンロール・ハイスクール

MOVIE DISTRIBUTION

映画宣伝・配給

TOP OF PAGE

ロックンロール・ハイスクール

2022/08/28

次は君たちの学校の番だ!
ロック・ムービーの原点にして頂点! ロック!学校!爆発!!
ーマンセンスとロックが奇跡の融合を果たした信じがたい一篇!
なんとこれが日本初のロードショウ公開! ラモーンズ大活躍!
B級映画の帝王ロジャー・コーマンが製作総指揮、そしてRAMONESが多くの映画出演オファーを断りながらも唯一出演したロック映画の決定版、1979年に制作され日本では正式なロードショー公開は無く、イベント上映などで終わっていた『ロックンロール・ハイスクール』日本初のロードショー公開
原案はアーカッシュと『ピラニア』(78)のジョー・ダンテ。撮影は『ハロウィン』(78)『遊星からの物体X』(82)や『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズを手掛けるディーン・カンディ。『キャリー』(76)『ハロウィン』(78)のP.J.ソールズが女子高生リフ・ランデルを熱演。コーマン・スクール卒業生ロン・ハワードの弟で『デビルスピーク』(81)『処刑ライダー』(86)のクリント・ハワード、『デス・レース2000年』(75)『フライパン殺人』(82)の監督ポール・バーテル、アンディ・ウォーホル・ファクトリー出身で『爆走!キャノンボール』(75)『ハリウッド・ブルバード』(76)のメアリー・ウォロノフ、『白昼の幻想』(67)『ビッグ・バッド・ママ』(74)のディック・ミラーなどコーマン組ががっつり出演。サウンドトラックには大量のRAMONES楽曲のほか、ALICE COOPER、PAUL McCARTNEY & WINGS、DEVO、THE VELVET UNDERGROUNDなどが使用され、まさにロック満載。
RAMONES、ロック、学校、爆発というこれ以上望むことは不可能な要素を完璧に組み合わせた『ロックンロール・ハイスクール』は<ロック・ムービー>というものが成し得ることができるものすべてを備えており、未来永劫世界中の映画人たちの目標となる金字塔といえる!


監督:アラン・アーカッシュ 製作:マイケル・フィネル 製作総指揮:ロジャー・コーマン 原案:アラン・アーカッシュ、ジョー・ダンテ 脚本:ジョセフ・マクブライド 撮影:ディーン・カンディ 出演:P・J・ソールズ、ヴィンセント・ヴァン・パタン、メアリー・ウォロノフ 、 ポール・バーテル、                                クリント・ハワード、ディック・ミラー、デイ・ヤング、RAMONES
(1979年|アメリカ|93分|PG12|原題:ROCK’N’ROLL HIGH SCHOOL)
© 1979 New World Productions Inc. All Rights Reserved. 
キングレコード提供|ビーズインターナショナル配給 
公式サイト