TOP > MOVIE DISTRIBUTION > 2016 > バッド・ブレインズ/バンド・イン・DC

MOVIE DISTRIBUTION

映画宣伝・配給

TOP OF PAGE

バッド・ブレインズ/バンド・イン・DC

2016/07/16


あまりに激しいライヴによりワシントンDCのライヴハウスから締め出しを食らった、 アメリカン・ハードコア/パンク史上最速・最重要バンド、BAD BRAINSのドキュメンタリー映画、遂に日本上陸 !!
アメリカン・ハードコア/パンクの最重要・最速のバンド、BAD BRAINSを追った、2012年製作のドキュメンタリー映画が遂に日本初上陸。1976年ワシントンDCにて結成、当初はジャズ、フュージョンバンドとしてスタートするも、1978年、セックス・ピストルズ、ダムドなどのロンドンパンクの影響を浴び、ラモーンズの4thアルバム「ROAD TO RUIN」収録の楽曲「BAD BRAIN」から得た名に改名し生まれ変わったBAD BRAINS。そのあまりに激しいライヴによりワシントンDCのライヴハウスシーンから締め出しを食らったという凄まじい伝説や、パンクとレゲエを縦横無尽に行き来するという唯一無二のスタイルを確立してその後の多くのバンドに絶大な影響を与え続けている、アメリカのロック史にその名を刻む重鎮バンドである。本作はそんなBAD BRAINSの2007年のツアーの模様を軸に、バンドの歴史も追っていく、同バンド史上初のドキュメンタリー映画。監督はRAMONESのギタリスト、ジョニー・ラモーンのトリビュート映画となった『TOO TOUGH TO DIE』(2006年)を手掛けたマンディ・スタイン、製作・編集は『悪魔とダニエル・ジョンストン』(2005年)のタイラー・ハビーが担当。2007年頃から本作の制作のニュースは出回っていて、5年を経て2012年に完成、米国各地の映画祭で上映されていたが、何故か日本には輸入されてこなかった。その理由は誰も知り得ないことだが、制作開始から約10年を経て、遂に日本にやってきたのだ。なお、BAD BRAINSの“PAY TO CUM”がオープニングで登場する映画『AMERICAN HARDCORE』(2006年)を手掛けたポール・ラックマンからの提供された貴重な80年代のライヴ映像とともに、BAD BRAINSの楽曲が計45曲全篇にちりばめられている。

監督:マンディ・スタイン『TOO TOUGH TO DIE』、ベンジャミン・ローガン
出演: BAD BRAINS(H.R.、ドクター・ノウ、ダリル・ジェニファー、アール・ハドソン)、ヘンリー・ロリンズ(BLACK FLAG)、イアン・マッケイ(MINOR THREAT)、BEASTIE BOYS(マイク・ダイヤモンド、アダム・ヤウク、アダム・ホロヴィッツ)、リック・オケイセック(プロデューサー/THE CARS)、デイヴ・グロール(FOO FIGHTERS)、ライル・プレスラー(MINOR THREAT)、アンソニー・カウンティ(マネージャー)、ジョン・ジョセフ(CRO MAGS)ハーレー・フラナガン(CRO MAGS)、ジミー・ゲシュタポ(MURPHY’S LAW)、アンソニー・キーディス(RED HOT CHILI PEPPERS)、ドン・レッツ(映画監督)、ジェリー・ウィリアムス

2012年/アメリカ/104分/原題:BAD BRAINS / A BAND IN DC
© 2012 PLAIN JANE PRODUCTIONS
提供:キングレコード 配給:ビーズインターナショナル 宣伝協力:ディスクユニオン
2016年7月劇場公開
http://badbrains.jp