TOP > NEWS

NEWS

ニュース

TOP OF PAGE

BMX・フラットランド荘司ゆう選手がアーバンスポーツの世界最高峰の大会『FISE Montpellier2024』にて優勝、2連覇を達成

2024/05/17

当社がスポンサーを務める荘司ゆう(しょうじ ゆう)選手が、フランス・モンペリエで行われたアーバンスポーツの世界最高峰の大会UCI BMXフラットランド ワールドカップ第2戦となる『FISE Montpellier 2024』にて優勝し、2連覇を達成したことをおしらせいたします。



FISE Montpellier 2024概要
期間:2023年5月10日(金)~12日(日)
場所:フランス・モンペリエ
アーバンスポーツの世界最高峰の大会とされているUCI BMXフラットランド ワールドカップ第2戦。
決勝の様子はこちら:https://youtu.be/l1CORdVP1No?si=e9uB4h1S9Lzzof7H


荘司ゆう選手コメント
今回フランスで行われた世界大会 FISE Montpellier で2年連続優勝する事が出来ました。今回は予選、準決勝と一つのミスも許されない程、今までにないレベルの高い世界大会でした。その中でも2連覇したいという自分の気持ちがあったので、決勝では自分の出来る最高難易度の技で攻める選択をとり優勝することが出来ました。皆さんの期待に応えられるように、これからも一生懸命BMXに向き合いたいと思います。そしてBMXの格好良さが皆さんに伝われば嬉しいです。


ビーズインターナショナルは、『ストリートカルチャーを編集・発信し、ファッションの垣根と世代を超えて進化し続ける企業になる』という企業理念を掲げ、アパレルのみならずスポーツやアートなどの様々な分野においてストリートカルチャーを発信することを目指しています。
今後もビーズインターナショナルは、スポーツ関連事業の強化とともに、アスリートの支援を行ってまいります。


荘司ゆうプロフィール
2002年1月1日生まれ 千葉県出身 
10歳の時に、友達の影響でBMXを始めBMXのカルチャーや格好良さに惹かれ熱中した。2022年 初の海外遠征での世界大会FISE MONTPELLIREでは、唯一の個人参加で各国の代表を抑え準優勝を飾る。2023年5月にフランスで行われた世界大会FISE MONTPELLIERで初優勝。 同年8月には各国の代表のみが参加できるUCI WORLD CHAMPIONSHIPSでも優勝を飾り、その成績が考慮され、第72回日本スポーツ賞を受賞。2024年度の活躍にも注目が集まるBMXライダー。

2022年 世界大会 FISE MONTPELLIER 準優勝
2023年 世界大会 FISE MONTPELLIER 優勝
2023年 世界選手権 UCI WORLD CHAMPIONSHIPS 優勝
2023年 UCI(国際自転車競技連合)年間ランキング 1位
2023年 CHIMERA GAMES 東京スカイツリー 優勝
2023年 FLAT ARK 阪神甲子園球場 準優勝
2024年 世界大会 UCI ワールドカップ 江ノ島 3位

グラフィティ界のレジェンド、エリック・ヘイズの「HAZEブランド」日本上陸30年を記念したアート展 『RE・HAZE』を渋谷PARCO 4FPARCO MUSEUM TOKYOで開催

2024/05/13

当社が株式会社パルコと協業して、2024年5月18日(土)~6月3日(月)の期間、渋谷PARCO4階 PARCO MUSEUM TOKYOにて、ERIC HAZE 30th ANNIVERSARY EXHIBITION『RE・HAZE』を開催いたします。


エリック・ヘイズは40年以上にわたって、グラフィティ、ファッション、グラフィックデザインの間にある壁を打ち破りながら活動してきました。そしてオリジナルのグラフィックタグを使用したアパレルを立ち上げた最初のアーティストのひとりであり、1994年に日本に上陸して以来、エリック・ヘイズの作品とHAZEブランドは日本のストリートシーンに大きな影響を与え続けてきました。

今回、株式会社パルコと共催する『RE・HAZE』は、HAZEブランドの歴史と膨大なアーカイブを掘り下げながら、新作の抽象画や具象画をはじめ、新旧コラボレーション作品の数々を展示、販売いたします。

また、開場に併設された「HAZE LTD SHOP(ヘイズリミテッドショップ)」では、当社が制作したオフィシャルグッズやコラボレーションアイテムを販売いたします。来日当初からエリック・ヘイズと縁のある高木完(たかぎ かん)氏をメインアクトに、ウェルカムパーティーを開催いたします。

RE・HAZE開催概要

会期:2024年5月18日(土)~6月3日(月)

会場:PARCO MUSEUM TOKYO(東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷PARCO4階)

営業時間:11:00~21:00(最終入場は閉場時間30分前まで) ※最終日は18:00閉場

入場料:600円(税込)※ステッカー付(無くなり次第終了)

  ※小学生以下無料 ※株主優待含む各種割引は対象外

共催・企画制作:株式会社ビーズインターナショナル、株式会社パルコ

監修・画像提供:ERIC HAZE STUDIO

協賛:ヤマハ発動機株式会社、カシオ計算機株式会社

協力:Archive & Style、BOUNTY HUNTER、’47、H×S、HUF、KANTAKAGI、

MEDICOM TOY、Mid-Century MODERN、NEIGHBORHOOD、POGGY、sacai、

セガ、TAKU OBATA、TGB Design、TRIPSTER、uniform experiment、WTAPS、

XLARGE、X-girl

HAZE LTD SHOP入場、18日サイン会注意事項

5月18日(土)に1会計で合計1万円(税抜)以上の商品をご購入いただいた方に、先着順でサイン会にご参加いただけます。

5月18日(土)の入場は事前予約制となります。予約方法などの詳細は、PARCO ART公式(https://art.parco.jp/)よりご確認ください。

※サイン会希望者にはお会計時に参加券をお渡しし、5月18日(土)14:00以降に再度会場にお集まりいただきます。参加人数には上限がございます。

※前売券は入場時間を30分毎に指定していますが、展覧会は入れ替え制ではございません。
※入場は商品や作品の購入を確約するものではございません。
※お一人様各商品1色1点までのご購入とさせていただきます。
※HAZE LTD SHOPのご利用には展覧会入場チケットが必要になります。

展示内容

会場にはこれまでの創作活動を網羅した、グラフィティ、ファッション、グラフィックデザインを振り返る展示が並びます。また、ミュージアム外に拡張されたスペースには、新たにペイントされたTAKU OBATAの彫刻作品や、イームズのシェルチェアを展示(一部販売)。さらにYAMAHAのバイクや新作の具象・抽象画もお披露目され、これまでのアーティスト活動を俯瞰できる内容となっています。

・GRAFFITI / PERSONAL HISTORY

エリック・ヘイズが1970年代にグラフィティ集団の「The Soul Artists(ソウル・アーティスト)」のメンバーとして活動を始めたころから、キース・ヘリングやジャン・ミッシェル・バスキアたちと過ごした時期を振り返ります。1980年代には、キースがアートを広めるためにグッズを展開した「ポップ・ショップ」で、ヘイズが初めてデザインした「BAT HAZE(バットヘイズ)」のTシャツを販売しました。これがプロダクトを製作する原体験となり、展示ではアーティストからグラフィックデザイナーへの変遷を辿ります。

・DESIGN HIPHOP

1980年代後半になるとグラフィックデザイナーとして活動の領域を広げ、Public Enemy(パブリック・エナミー)やThe Beastie Boys(ビースティ・ボーイズ)、EPMD(イーピーエムディー) といったHIP HOPのスターたちのロゴやアルバムジャケットを手がけ、アトリエをLAに移しました。その多くはパソコンが普及する以前のもので、構想段階のドローイングから製品に至るまでのワートワークを展示します。

・EARLY HAZE BRAND

1990年代には、アーティストとしていち早くアパレルを手がけ、ヘイズのタグをプリントした「HAZEブランド」のアイテムはストリートウェアの源流のひとつとなりました。1994年に日本に初上陸を果たすと、アウターからアクセサリー、そしてインテリアを手がけ、東京にショップをオープンするまでに成長しました。当時の膨大なアーカイブからセレクトしたアイテムが展示されます。

・HAZE BRAND COLLABORATION

1998年のG-SHOCKを皮切りに、HAZEブランドは新世代のコラボレーションをリードしてきました。それから25年、 NIKEやSTUSSYをはじめ、sacaiなどのハイブランドまで、様々な分野での幅広いコラボレーションのアーカイブがミュージアムに並びます。

・CONTEMPORARY ART WORK / RECENT PROJECTS

2004年にNYに戻ったエリック・ヘイズは、新世代のストリート・アーティストに触発され、再び筆をとって絵を描きはじめました。この20年間は製作を続け、抽象画では師と仰ぐエレイン・デ・クーニングの影響が色濃く、またキース・ヘリングからの影響も見受けられます。風景画や肖像画のアーティストとしても確固たる地位を築いてきたヘイズの新作と、最近のコラボレーション作品が並びます。

NEW COLLABORATION

今回の来日では、以前から親交のあるアーティストのTAKU OBATA、そしてPoggy氏やYAMAHAとのコラボレーション作品を製作。またHAZEブランドとしてArchive & Style、BOUNTY HUNTER、

’47、HUF、MEDICOM TOY、Mid-Century MODERN、NEIGHBORHOOD、セガ、WTAPS、uniform experiment、H×S、XLARGE、X-girlなどのコラボレーションも予定しています。

小畑 多丘 Taku OBATA 彫刻家
1980年埼玉県生まれ。2006年東京藝術大学美術学部彫刻学科卒業。 08年同大学大学院美術研究科修士課程彫刻専攻修了。「B-BOY(ブレイクダンサー)」の木彫による 人体と衣服の関係性や、B-BOYと彫刻を端緒に生まれる空間、動き、 重力を追求、彫刻以外のメディアでも精力的に表現し続けている。

坂田真彦 アーカイブ&スタイル代表
1970年和歌山県生まれ。バンタンデザイン研究所卒業後、いくつかのコレクションブランドを渡り歩く。2004年にはデザインスタジオ「アーカイブ&スタイル」を設立し、2006年から2013年までには青山でヴィンテージショップのオーナーでもあった。現在は複数の人気ブランドのディレクションを手掛ける。国内外問わず、オリジナル生地開発からプロファクトデザイン、空間ディレクションまで幅広く活躍中。

POGGY ファッションキュレーター

1997年UNITED ARROWS入社。販売スタッフ・PRを経て、2006年にHIP HOPファッションとラグジュアリーファッションをミックスしたコンセプトショップLiquor,Woman&Tearsをオープン。アーティストやデザイナーが世界中から立ち寄るコアなアンテナショップとなった。2010年からはUNITED ARROWS & SONSを立ち上げ、ディレクターを務める。2018年に独立し、現在はヨウジヤマモト社のコンセプチュアルプロジェクト WILDSIDE YOHJI YAMAMOTOのコラボレーションキュレーターや、アートトイ、アート、ファッションを体感することができるパルコ内2Gのファッションキュレーターを手がけている。自身のプロジェクトとしては、2018年AWにLevi‘sRMade & CraftedR×POGGYTHEMANコレクション、2021年AWにJIMMY CHOO / ERIC HAZE curated by POGGYコレクションを世界で発売。POP UP形式で開催しているPOGGY’S BOXでは日本の若手ブランドを海外に紹介する活動も行っている。The Business of Fashionの編集者がファッション業界で最も影響力のある人物を選出する、2023年の「BoF500」にも選出された。

RE・HAZEオフィシャルグッズ

ビーズインターナショナルでは本展来会に合わせ、RE・HAZEオフィシャルグッズを制作いたしました。

ここでしか手に入らないアイテムとなっております。ぜひこの機会にお買い求めください。

販売期間:2024年5月18日(土)~6月3日(月)

販売場所:HAZE LTD SHOP(ヘイズ リミテッド ショップ)

※お一人様各商品1色1点までのご購入とさせていただきます。
※HAZE LTD SHOPのご利用には展覧会入場チケットが必要になります。

HAZE LTD SHOP参加ブランド


XLARGE×HAZEコラボレーションアイテム

XLARGEのOGゴリラロゴとHAZEオリジナルロゴとをミックスアップさせたコラボレーションロゴTシャツと、オリジナル総柄のオープンカラーシャツがラインナップ。

販売日:2024年5月18日(土)

販売場所:XLARGE、XLARGE/X-girl全店舗(※アウトレット店舗除く)

     ZOZOTOWN、オンラインストアcalif https://calif.cc/pages/xlarge


X-girl×HAZEコラボレーションアイテム

エリック・ヘイズは、X-girlの20周年時にもコラボレーション、ライブペインティングなどを行いました。今回のコラボレーションはX-girlを象徴するデザイン、FACEやマイクミルズロゴとHAZEオリジナルロゴとをミックスアップさせたコラボロゴBABY TEEと、BASIC TEEを展開します。

販売日:2024年5月18日(土)

販売場所:X-girl、XLARGE/X-girl店舗(アウトレット店舗を除く)、XLARGE那覇、calif SHIBUYA

     ZOZOTOWN、オンラインストアcalif https://calif.cc/pages/xgirl

プレス内展覧会

会期:2024年5月17日(金) 13:00~16:00

会場:渋谷パルコ 4F PARCO MUSEUM TOKYO

開催に先駆けメディアと関係者様向けに内覧会を開催いたします。

アーティストへのインタビューや個別取材も承っております。

ERIC HAZE来日記念 ROOF TOP PARTY

会期:2024年5月17日(金)19:00〜22:00 (一般入場可)
場所:渋谷パルコ 10F ROOFTOP PARK 「ComMunE」
LINE UP:高木完、 SHINCO、川辺ヒロシ、オカモトレイジ

料金:一般 / ¥2,000(1ドリンク付 / 税込)

   フライヤー持参 / ¥1,500(1ドリンク付 / 税込)

前夜祭として、10F ROOFTOP PARKにてアーティストを迎えたパーティーを開催します。30年前よりエリック・ヘイズと親交がある高木完がメインアクトとして華を添えます。エリック・ヘイズとのトークショーをはじめ、渋谷の夜を彩るDJ陣は、川辺ヒロシ(TOKYO No.1 SOUL SET)、SHINCO(スチャダラパー)、そしてオカモトレイジという豪華なラインナップ。さらに石浦克(TGB design.)のインスタレーション作品、モバイルサウンドシステム「RBSS」のHAZEバージョンが会場を盛り上げます。


ERIC HAZE / エリック・ヘイズ プロフィール

ニューヨークで生まれ育ったエリック・ヘイズは、40年以上にわたってグラフィティ、コンテンポラリーアート、グラフィックデザインの世界で影響力を発揮してきました。ヘイズの10代は、仲間のフューチュラ、リー、ドンディとともに、影響力のあるニューヨークのグラフィティ集団「ザ・ソウル・アーティスツ」の創設メンバーとして過ごしました。1974年、エリックは幼い頃から彼らのメンバーとともに作品を発表し、1980年代初頭にはキース・ヘリングやジャン・ミシェル・バスキアといった親しい友人たちとともにペインティングやドローイングを発表しました。アート・ギャラリーからグラフィック・アートへと活動の場を移したエリック・ヘイズは、やがて爆発的なヒップホップ・ムーブメントの第一人者グラフィック・デザイナーとして頭角を現しました。その後10年間、エリック・ヘイズは ビースティ・ボーイズ、トミー・ボーイ、LL・クール・J、EPMD、MTVなどの アイコニックなロゴ、アルバム・カバーを手がけました。1991年、エリックは自身の名を冠した洋服とアクセサリーのブランド、HAZEを設立。このブランドは、ナイキ、カシオ、ハイネケン、ホンダ、リーバイスといった業界のリーダーたちとのコラボレーションを成功させ、今日に至るまで世界的な影響力を持ち続けています。今年の1月に行われたメジャースポーツの祭典「スーパーボウル」をサポートするために、ラスベガスのネバダ州にある全面天球型のLEDスクリーン「スフィア」に最新のモーショングラフィックスが映し出されました。新世紀に入り、エリック・ヘイズは絵画とドローイングに本格的に復帰しました。ウィリアムズバーグのアートスタジオで制作するエリック・ヘイズの 個人的な作品は、美術史における重要な動きを反映しています。彼の新作は、抽象的な形と交差する線を扱い、普遍的なテーマと動きやジェスチャーへの情熱を反映しています。過去10年にわたり、ニューヨーク、ロサンゼルス、香港、パリ、東京で個展を開催し、そのたびに批評的な成功を収め、彼のユニークなスタイルが国際的に知られるようになりました。2011年にはMoCAロサンゼルスで開催された「Art In The Streets」に出展、2016年にはアート界のレジェンド、ジェフリー・ダイチがキュレーションした「Coney Art Walls」にも作品が展示されました。2018年5月に開催された「Beyond The Streets」では、最新のペインティング・インスタレーションが批評家の大きな称賛と共に成功を収めました。2023年にはジェフリー・ディッチギャラリーでカーロ・マコーミックがキュレーションした「Wild Style 40」展でも展示されました。そして、フューチュラ2000やケニー・シャーフと共に最新のインスタレーションが展示される「Beyond the Streets Post Graffiti」が、2024年5月11日からNYのサウサンプトン・アート・センターで開催されています。エリック・ヘイズは現在、ニューヨーク州ブルックリンを拠点に活動し、妻で俳優のロージー・ペレスと2匹の保護猫と暮らしています。

X-girlが日本女子フットサルクラブチーム『アルコ神戸』の 2024-2025シーズンユニフォームをデザイン

2024/05/07

当社のストリートアパレルブランド『X-girl(エックスガール)』が、昨年に引き続き日本女子フットサルクラブチーム『アルコ神戸』の 2024-2025シーズンユニフォームをデザインいたしました。

現在、日本女子プロサッカーリーグ『WEリーグ』のオフィシャルサプライヤーを務めているX-girlですが、 ”フットボールの街・神戸” を拠点としているアルコ神戸のユニフォームサプライをすることで、女子スポーツのさらなる発展に貢献、スポーツをする女性を応援し、女性活躍社会の発展を推進してまいります。



販売について
詳細はアルコ神戸オフィシャルホームページよりご確認ください
https://arco-kobe.com/

ビーズインターナショナルは『ストリートカルチャーを編集・発信し、ファッションの垣根と世代を超えて進化し続ける企業になる』という企業理念を掲げ、アパレルのみならず、スポーツを含め、様々な分野においてストリートカルチャーを発信することを目指しています。


アルコ神戸
アルコ神戸は「アルコ神戸に関わる人すべての幸せの『懸け橋』になる」というビジョンを掲げています。
女子フットサルの認知度を高めるとともに、神戸の町を、女子フットサルを盛り上げていきます。
オフィシャルホームページ:https://arco-kobe.com/
Instagram:https://www.instagram.com/arcokobe/
X:https://twitter.com/arco_irisKOBE
Facebook:https://www.facebook.com/arcoiriskobe/

X-girl (エックスガール)
音楽、カルチャー、スポーツ等のストリートシーンから様々な要素を取り込み、”REAL GIRL’S CLOTHING”を テーマに掲げ、BASICで飽きのこないアイテムを時代の変化に合わせながら“リアルな女の子のストリートスタイル”として提案し続けています。
オフィシャル ホームページ:https://x-girl.jp/
Instagram:https://www.instagram.com/XGIRLJP/(@xgirljp)
X:https://twitter.com/xgirl_1994
オンラインストアcalif:https://calif.cc/pages/xgirl

アスリート社員・パラアイスホッケー伊藤樹がTOKYO FMに出演

2024/05/02

当社に所属するアスリート社員の伊藤樹(パラアイスホッケー)が、毎週金曜日午後3時よりTOKYO FMにて放送している『TOKYO TEPPAN FRIDAY』内のスポーツに特化したコーナー“XEBIO presents The Leaders”(午後3時半頃~)に2週にわたって出演いたします。



■詳細
放送局:TOKYO FM(FMラジオ80.0MHz, 86.6MHz/radiko.jp)
番組名:TOKYO TEPPAN FRIDAY
放送日時:5月3日(金祝)15:30頃~
     5月10日(金) 15:30頃~
番組HP:https://www.tfm.co.jp/teppan/

スポーツ量販店XEBIO店内でも放送されます。
5月3日放送分:5月3日(金祝)~5月19日(日)
5月10日放送分:5月20日(月)~5月26日(日)

自身のこと、パラアイスホッケーことなど話しています。ぜひこの機会にご視聴ください。

B-girl NANOHAこと間瀬なのは選手がRed Bull BC One City Cypherにて優勝

2024/05/01

当社がスポンサーを務めるB-girl NANOHAこと間瀬なのは選手が、Red Bull BC One City Cypherにて、優勝いたしました。
優勝したB-girl NANOHAは、日本一決定戦が行われる “Red Bull BC One Japan Final 2024”への出場権を獲得しました。



Red Bull BC Oneとは
今年で開催21回目を迎える『Red Bull BC One』は、世界30ヶ国以上で地区予選やサイファーおよびワークショップなどの
プログラムが行われている世界最高峰の 1on1 ブレイキンバトルイベント。
出場者たちが目指すのは、選ばれしB-boy/B-girl 各16名にのみ参加が許される世界王者決定戦『Red Bull BC One World Final』出場。
その舞台で見事優勝を手にした者は、誰もが認める正真正銘の世界王者となります。
公式HP:https://www.redbull.com/jp-ja/events/redbull-bc-one-cypher-japan


B-girl NANOHAコメント
今年もJapan cypher の出場を決めることが出来てとても嬉しいです。課題は山積みなのでJapan cypher に向けてもっとレベルアップした姿で出られるように自分らしさを追求して頑張ります。


ビーズインターナショナルは『ストリートカルチャーを編集・発信し、ファッションの垣根と世代を超えて進化し続ける企業になる』という企業理念を掲げ、アパレルのみならず、スポーツを含め、様々な分野においてストリートカルチャーを発信することを目指しています。音楽やファッションなどのストリート文化とともに広がりを見せるアーバンスポーツをさらに盛り上げていきます。


間瀬なのは(ませ なのは)プロフィール
(B-girl NANOHA)
2007年3月6日生まれ 神奈川県出身
6歳からHIP HOPを始め、12歳からBreakingに転身。 ブレイキンを始めてわずか2年でキッズ日本一の称号を掴み取る。 2021年JDSF 魔のブロックと言われた関東女子ユース部門では、 強敵を押さえ優勝し全日本へと駒を進めた。 勢い止まることなく全日本選手権ユース部門では3位を獲得。 現在のB-girlシーンで最も勢いのある高校生である。
2021ブレイクダンスキッズ日本一決定戦 優勝
2021JDSFブレイキン選手権 関東ユースブロック優勝
2022全日本ブレイキン選手権ユース3位
2022JDSF強化指定選手
2022SETTSU BREAKIN JAM TOP4
2023JDSFブレイキン関東甲信越ブロック選手権2023 優勝
2024全日本ブレイキン選手権オープン3位

B-boy TSUKKIこと飯沼月光選手がフランスで行われたBattle de Vaulx 2024にて優勝

2024/04/23

当社がスポンサーを務めるB-boy TSUKKIこと飯沼 月光(いいぬま つき)選手が、フランスで行われた『Battle de Vaulx 2024』に、B-boy SHIGEKIXこと半井 重幸(なからい しげゆき)選手と出場し、優勝いたしました。


左:B-boy TSUKKI 右:B-boy SHIGEKIX


大会について

HP:https://vaulx-en-velin.net/actualites/2024-03-20-battle-de-vaulx-2024/

世界各地から招待されたダンサーたちによる2vs2のバトル形式の大会


B-boy TSUKKIコメント

今回フランスで行われた2on2で優勝することができました。今年初海外で優勝できたことはとても嬉しく思っています。これからはどんどん海外のイベントが増えていくのでそこでも結果残せれるように頑張ります!引き続き応援のほどよろしくお願いします。


ビーズインターナショナルは『ストリートカルチャーを編集・発信し、ファッションの垣根と世代を超えて進化し続ける企業になる』という企業理念を掲げ、アパレルのみならず、スポーツを含め、様々な分野においてストリートカルチャーを発信することを目指しています。音楽やファッションなどのストリート文化とともに広がりを見せるアーバンスポーツをさらに盛り上げていきます。

飯沼月光(いいぬまつき)プロフィール

B-boy TSUKKI

2006年9月11日生まれ 大阪府出身

ブレイキン要素の一つ”パワームーブ”を得意とし、難易度の高い技を繰り出す。

2020年JDSF第二回全日本ブレイキン選手権にて見事優勝しYOUTH日本一の称号を手に入れた。2021,2022年とDance Alive Hero’s Kids部門を2連覇。2022年Battle Of The Year Japanで優勝と飛ぶ鳥を落とす勢いで成長している。 2021年度よりオリンピック強化指定選手にも選出された。今後のブレイキン界を担う次世代Bboy。

2020年JDSF第二回全日本ブレイキン選手権 Youth部門 優勝

2021/2022年マイナビDance Alive Hero’s kids 2連覇

2022年Red Bull BC One Japan Final Top4

2022年DPC JAM 2022 優勝

2022年Battle Of The Year 2022 Japan優勝

2022年Red Bull BC One World Final Break The Game優勝

2023年マイナビDANCEALIVE 2024 CHARISMAXⅠ 優勝

2023年Freestyle Session 韓国予選 優勝

社内表彰式 “B’s AWARDS 2024”を開催しました

2024/04/22

2024年4月28日(木)に社内表彰式 “B’s AWARDS (ビーズアウォーズ)”を開催しました。

B’s AWARDSとは、好成績を収めた店舗、活躍した社員・チームを表彰し、これからに向けて全社員が一丸となる社内イベントです。



店舗部門では、最高のコーディネート・スタイリングをした人への表彰や、自社ECサイトcalif上の個人売り上げの表彰のほか、
優秀店舗の表彰なども行いました。本社部門においてはベストなパフォーマンスを行った人への表彰や、
売上予算を達成した部署の表彰を行いました。


ビーズインターナショナルは、これからも活躍する社員やチームを応援・表彰し、活気のある会社づくりをしてまいります。

4月25日(木)よりXLARGE/X-girl LAKE TOWN OUTLETがオープン

2024/04/17

2024年4月25日(木)よりXLARGE/X-girl LAKE TOWN OUTLETがオープンいたします。



オープンを記念して期間限定でキャンペーンを開催いたします。
・ビーズ会員アプリ新規会員登録で1,000円OFF
・店内商品税込み11,000円以上お買い上げでノベルティプレゼント
・2点以上購入で10%OFF、3点以上購入で20%OFF

XLARGE/X-girl LAKE TOWN OUTLET GRAND OPENING
営業時間:10:00-20:00
住所:〒343-0828 埼玉県越谷市レイクタウン4-1-1 2103区画
電話番号:048-971-9677
取り扱いブランド:XLARGE X-girl

ぜひこの機会にお立ち寄りください。みなさまのご来店心よりお待ちしております。


ドイツ・ミュンヘン発のトラベルケースブランド『Floyd(フロイド)』が待望の日本上陸

2024/04/12

株式会社ビーズインターナショナル(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:西方雄作)は、フロイド社(ドイツ)と日本における独占輸入販売契約を締結し、2024年春より、ドイツ・ミュンヘン発のトラベルケースブランド『Floyd(フロイド)』の取り扱いをスタートします。
Floydのトラベルケースは、キャスターにスケートボードのウィールを使用した革新的なデザインです。自由にストリートカルチャーを体現し続けるFloydに共感し、この度取り組みを開始しました。



KEEP ROLLING!
2019 年に誕生した『Floyd』は、ドイツミュンヘン出身のBernd Georgi とHorst Kern によって誕生しました。カリフォルニアのライフスタイルに憧れていた二人は、20年以上にわたるラゲッジ製造の専門知識と経験を経て、70 年代のベニスビーチ・ボヘミアンにインスパイアを得てスタイリッシュで機能的なトラベルケースをデザインしています。
自由な精神に満ち溢れたボヘミアンな 70 年代と当時のベニスビーチを特徴づけた活気に満ち溢れるデザインはFloyd のトラベルケースにも表現されています。



●FLOYD CABIN  121,000円(税込)
カラー:Bounty White、Floyd Gold、Sugar Pink、Miami Blue、Pacific Blue、
    Hot Orange、Magic Purple、Vegas Green、Tarmac Grey、Bronco Brown の 10 色展開
サイズ: 55.5 cm x 39 cm x 23 cm
重量:4,4 kg
容量:41 リットル
外装:ポリカーボネート、マクロロン®100
裏地:ポリサテン(リサイクル)
その他仕様:
 360°スケートボードスピナーウィールシステム採用
 アルミフレーム構造
 3桁TSAロック採用
 スーツケースカバー、シューズバッグ、ハンドスパナ付き

●FLOYD CHECK-IN  143,000円(税込)
カラー:Bounty White、Floyd Gold、Sugar Pink、Miami Blue、Pacific Blue、
    Hot Orange、Magic Purple、Vegas Green、Tarmac Grey、Bronco Brown の 10 色展開
サイズ:70 cm x 45 cm x 25 cm
重量:5.8 kg
容量:61リットル
外装:100% ポリカーボネート マクロロン®
裏地:リサイクルポリサテン
その他仕様:
 360°スケートボードスピナーホイールシステム採用
 アルミニウムフレーム構造
 3桁TSAロック採用
 スーツケースカバー、シューズバッグ、ハンドスパナ付き

●FLOYD TRUNK  165,000円(税込)
カラー:Sugar Pink、Miami Blue、Pacific Blue、Hot Orange、Vegas Green、Tarmac Grey、
    Bronco Brown の 7 色展開
サイズ:78 cm x 50.5 cm x 29 cm
重量:6,8 kg
容量:95 リットル
外装:ポリカーボネート、マクロロン®100
裏地:ポリサテン(リサイクル)
その他仕様:
 360°スケートボードスピナーホイールシステム採用
 アルミニウムフレーム構造
 3桁TSAロック採用
 スーツケースカバー、シューズバッグ、ハンドスパナ付き

■POPUP STORE概要
日時:2024年4月24日(水)~5月7日(火)
場所:伊勢丹新宿店本館地下Ⅰ階 旅行鞄&旅行小物
営業時間:10:00~20:00
電話番号:03-3352-1111
*本イベントでは一部お取り扱いのないカラーもございます。

Floyd(フロイド)

2019 年ドイツミュンヘン出身のBernd Georgi とHorst Kern によって誕生したトラベルケースブランドFloyd(フロイド)。 70 年代のカリフォルニアスケートボードカルチャーの精神を現代に伝えながら、個性と革新性を体現しています。ユニークで特徴的な外観は、ビジネスや長距離旅行者、デジタル遊牧民、世界中を旅する人、週末旅行者などに急速に拡大しています。
・日本オフィシャルインスタグラム:@floyd.japan
・本国Floyd オフシャルサイト:https://floyd.one

X-girlが期間限定公開のメタバース空間『WEAR GO LAND』に出店

2024/04/05

当社が運営するストリートアパレルブランド『X-girl(エックスガール)』は、丸紅株式会社が2024年4月6日(土)から4月21日(日)の期間限定で運営するメタバースを活用したデジタルファッションモール『WEAR GO LAND(ウェアゴーランド)』に出店いたします。



WEAR GO LAND(ウェアゴーランド)概要

WEAR GO LANDは、ブランドエリア、ランウェイエリア、コーディネートワールド、フォトブースエリアなどで構成されるファッションに特化したメタバース空間です。利用者はアバターを通じてメタバース空間を自由に歩き回ることができ、店舗やファッションショーを訪問したり、気になるアイテムを自分で組み合わせられたりすることに加え、経験豊富なスタイリストによるコーディネートのアドバイスを受けることもできます。更に女性向けファッションメディアである「ViVi」とのタイアップイベントの開催も予定しています。


期間:2024年4月6日(土)~4月21日(日)

サービスサイト:https://weargoland.vket.com/

サービス紹介ムービー:https://youtu.be/gjggDd4cnQY

Instagram:https://www.instagram.com/wear_go_land/ (@wear_go_land)

X:https://twitter.com/wear_go_land (@wear_go_land)

参加方法:スマートフォン、タブレット、PCで国内外からアクセスが可能です。

(対応言語は日本語のみ。)



メタバース空間『WEAR GO LAND』でのX-girlの展開は、あたらしい体験型ショッピングを提供するだけでなく、ブランドへの興味を深める一助になると捉えています。今後もデジタルテクノロジーを活用し、ブランドやオンラインストアの未来を創造するビジョンにどうぞご期待ください。

今回、『WEAR GO LAND』内にて展開するアイテムは、当社のオンラインストア『calif(カリフ)』にてご購入いただけます。

今後もビーズインターナショナルは『ストリートカルチャーを編集・発信し、ファッションの垣根と世代を超えて進化し続ける企業になる』という企業理念のもと、ファッションのみならず、スポーツやアートなどの様々な分野において、ストリートカルチャーの楽しみ方を提案していきます。


丸紅株式会社

丸紅及び連結子会社は、国内外のネットワークを通じて、ライフスタイル、情報ソリューション、食料、アグリ事業、フォレストプロダクツ、化学品、金属、エネルギー、電力、インフラプロジェクト、航空・船舶、金融・リース・不動産、建機・産機・モビリティ、次世代事業開発、次世代コーポレートディベロップメント、その他の広範な分野において、輸出入(外国間取引を含む)及び国内取引の他、各種サービス業務、内外事業投資や資源開発等の事業活動を多角的に展開しています。

URL:https://www.marubeni.com/jp/


X-girl

音楽、カルチャー、スポーツ等のストリートシーンから様々な要素を取り込み、”REAL GIRL’S CLOTHING”を テーマに掲げ、BASICで飽きのこないアイテムを時代の変化に合わせながら“リアルな女の子のストリートスタイル”として提案し続けています。

オフィシャル ホームページ:https://x-girl.jp/

Instagram:https://www.instagram.com/XGIRLJP/ (@xgirljp )

X:https://twitter.com/xgirl_1994

LINEアカウント:https://page.line.me/x-girl

オンラインストアcalif:https://calif.cc/pages/xgirl